[2006/2/28]
警戒君を急遽バージョンアップすることになった。シェアウェア版を購入していただくため、ベクターのシェアレジというシステムを利用しているが、個人情報保護法への対応の一環として、今までベクターから通知されていたご購入者の名前,Eメールの情報が通知されなくなると言う。ご購入者には二度手間となってしまうが、ユーザーサポートのためには、別途連絡をお願いするしかない。主にその辺りの対応策を盛り込んだ。
昨今の人気のソフトウェアは本当に良くできている物が多くなった。特に使い勝手の向上が目立つ。あまりヘルプを読まなくても、直感的に使いこなせるよう、ずいぶんと工夫がされている。それと比べると、わが警戒君はもうひとつという箇所が多く見受けられる。恥ずかしいが、実力だから仕方ないが・・・。

[2006/4/30]
ニフティのパソコン通信サービスの終了に伴い、LLMSの公開、サポートは3月末で打ち切りました。
日経BPのITProから出ている無料のメールマガジンを申し込んでいる。今年になってからITProのサイトが充実し、有用な記事が多くなった。配信されて来るメールにこれらの記事へのリンクがたくさん埋め込まれている。初めのうちは、気になる記事に目を通したり、PDFファイルに保存したりしていたが、気になる記事が多くやたらと時間を取られてしまう。悩んだあげく、ITProのメールマガジンはフォルダに振り分けるだけにして、普段は読まないように読まないということで落ち着いた。
やっと少し時間を取り戻して、山とたまったTo Doリストに取り組み始めたというのが、近況です。

[2006/5/16]
ソフト作りをしている関係上、WindowsVistaは導入したい。WindowsVistaを動かすためのパソコンをどうするか検討していた。AeroGlassもやはり使ってみたいのでビデオカードを交換したいが、最近のものはPCIExpress対応になっている。あまり予算もないので、マザーボードからの換装もやりたくない。結局、AGP版のGPU GeForce 6600GTを使ったELSA製のビデオカードに決めた。ただ、AGP版は種類が少なく、ファンレスのものがなかったため、合わせて、ZALMANのVGAクーラー VF700-CUも購入した。今日、ビデオカードを取り替えたが、特に大きな問題もなく完了。今まで使っていたGIGABYTE GV-R96128D RADEON R9600と比べると、静止画の表示は線もやや細いし、品質が落ちた気がする。だが、動画性能はベンチマークで約2倍になった。ZALMANのクーラーは初めて使ったが、静でよく冷えるという印象だ。
例によって、HDには基本区画を3つ作ってあり、Vista用の空区画もある。まもなく公開されるWindowsVistaのベータ版が楽しみだ。

[2006/9/26] WindowsVista RC1
2004年1月に自作したPCでWindowsVistaも使いたいと思い、ビデオカードをELSAのGD743-128ARGT(nVIDIA GeForce 6600)に交換して待っていた。マイクロソフトのCPP(カスタマプレビュープログラム)に申し込んで6月にWindowsVistaβ2を入手。早速インストールを試みるも、XPSP2からのアップグレードもクリーンインストールもエラーになった。
エラー原因の解明もできず、半ば諦めていたが、次第に雑誌などにもVistaの情報が載り始める。8月のお盆休みにインストールに再挑戦。接続ハード類を最小にしてみたらインストール成功。クリーンインストールした時、β2のインストーラは光学ドライブが2台付いていると途中でハングアップするようだ。
インストールできたものの、Vistaβ2の時は、ほとんどのソフトやハードがインストールできず、動作も重く遅い。先日、VistaのRC1を入手。今回もインストールに手こずった。INTELのRAID0用の追加ドライバをFDから読み込む時にエラーになる。仕方なくβ2からアップグレードした。そのVista RC1だが、随分速くなったし、ハード、ソフト類のインストール上の問題点もかなり改善されてきた気がする。
起動、終了も速く,、XPより速い感じがする。やはり新しいOSは楽しい。Windows3.1からWindows95に移った頃を思い出す。新しいフォントのメイリオもいいし、スクリーンセーバーも思わず見とれてしまうものが多い。ただ、ほとんどいつもディスクアクセスがあり、慣れていないので違和感がある。
現在、XPで使用中の多数のソフト、ハード類がどこまでVistaでも動いてくれるのだろうか? 今までのWindowsのバージョンアップと比べると状況がまるで違う。インストール時点でエラーになるものも多い。メーカーでも、Vista対応の情報を公開しているところはまだ少ない。Vistaの出荷時期には対応が進むことを期待したい。
拙作ソフトの警戒君だが、Vista対応の見通しは全く立っていない。できるものならVistaでもサポートしたいとは思っているが・・・。そもそも開発環境のDelphi7自体が、Vistaの正式対応がない。やっと何とかVistaの元で、Delphi7が何とか使えそうになってきたところである。10月末には、警戒君のVista対応の可否をお知らせしたいと思っている。

[2006/11/12] 警戒君Vista対応版公開
WindowsVistaRC1で動作する警戒君のβ版を公開しました。(警戒君シェアウェア版 V2.08β1、警戒君フリー版 V1.18β1) 何とか動作しているという状況です。ダイヤルアップ接続はすっかりマイナーな存在になり、警戒君の役目も終わったと思っていますが、WindowsVistaにまだダイヤルアップ接続機能がありますし、サポート切れにする前に、何とか動作バージョンを公開できればと思っております。なお、警戒君はDelphi7という開発環境を使っておりますが、そのDelphi7自体がWindowsVistaに未対応であり、開発は困難を窮めております。


戻る